ヤマハ YAMAHA 除雪機 YT-1380X ボルト切れない&ジェットシューターで新型!上下油圧チルト付

  • セール
  • ¥611,000
  • 通常価格 ¥704,000
  • 入荷予定
税込み。 配送料は購入手続き時に計算されます。


除雪機ネット代表の毒舌解説(短所だって言っちゃうよ!)

YT除雪機=建機だ!本当に使える13馬力です!雪田丸蔵も思いますよ。除雪機は馬力でなく重さだと!13馬力除雪機で唯一凍った氷の山でもをバリバリ除雪出来る機種と思います(^0_0^)。なぜ?この13馬力は特にガッチリしていて前方が重たいんですよ!だから雪にまったく負けない!1.5m以上降ってもまったくびくともしませんよ!言い切ります!それに高級機のYS1390シリーズに採用された大型クローラーも装着しました!他社のハイブリッドはいざ電装部品が壊れるとやっかいなんだよね(^・^) こいつはそないな事ないぜ!とにかく構造はシンプル、ベルトに錆びないワイヤーこれでいいじゃん!それが機械じゃん!ヤマハ全機種に付いてるでしょう?ジェットシューター&シャーオーガボルトガードは当然の装備です。そして大雪時に最高に具合良い電動油圧チルト機構(上下オーガ高さ調整装置)装備です(#^.^#)/

最大の特徴は重たい雪、氷、屋根の雪降ろしに強い!・・初めから2m級の雪が降っても良い事を前提です!ジェットシューターも装備されています!オーガボルトも買ってから殆ど切れないと思います。寒い中のボルト交換は面倒ですからね!

前モデルの1280から変わった所で言えばやはり『超極太クローラー』ですね!これのお陰で滑らないのはもちろんサイドクラッチで力が要らずに簡単小回り出来ますね!電動シューター、シャーボルトガード、雪かきジョーズ等フル装備は変わりません。業務用、プロの方にも使えて¥60万を大幅に切る?13馬力900mmクラスはまず他では手に入りません。湿り雪で大雪地区、スキー場や業務用プロの方も低コストでこれは使えます!

なんと言っても一番嬉しいのはボルト切れなーいヽ(^。^)ノ 業界初のシャーボルトガード付きで石が入ってもボルトが飛ばす機械に弱い方も安心。これはヤマハにしかない装備だよ(#^.^#)/とにかく切れないボルト2本止め!(両方で4本!)これがあるから初心者はヤマハが最高なのよ(^_^)vだってあの寒い中で一々ボルトの交換なんか可愛い奥様出来ますか?残念ながら?出来ませんね!というかやりたくありませんよね。他のメーカーは飛びますよ?飛びます飛びます!雪じゃなくて安全ボルトが(*_*)よ!他のメーカーは一切このクラスにこの装備は御座いません!ヤマハはなんと小、中、大型全機種このガードが装備されています!(YT660E除く)

さらにですね!短所?聞かないでください(*_*)!こいつはね本当の除雪機なんですよ!除雪職人の方はこの機種を選びます。大雪地区にはマジメに100点満点の機械です!まあ、重いのネックなんですがこいつがねちょっと面白い事がヤマハはしてありましてね、この旋回に使うサイドクラッチは雪で使うと凄くスムーズに取り回す事が可能なんですよ。実はですねサイドラッチはブレーキ式でないのですよ・・・なんとデフフリー式とでも言いましょうか、片方が滑って回って行く方式なんです。だから雪の降っていない普通のアスファルトだとうまく小回りしないんですが、雪が降った路面ですと見事にハイブリッド並の旋回が可能なんです。それも力を入れずにです。他のメーカーのサイドクラッチはブレーキ式なのでカクカク動いてとても女性には使えませんね!本当の雪国に合わせて作った機械なんですね!後YTシリーズはエンジンカバーが無いのでちょっとうるさいですね、しかしホンダのハイブリッドよりはエンジンはカバーが着きましたから前より静かですよ。(ヤマハのエンジン特性だと思いますね)他全ての性能でホンダを上回っています!投雪距離も19mですが実際は20m級超です。(^.^)。

その他特徴

ジェットシューターは長年使っても煙突筒部が鉄で無いから錆びないのが最大の特徴。この超高分子ポリエチレンは水を含めば含む程良く滑るスグレモノ!だから場面『ベシャ雪寸前』もちょっとなら飛ばせます!他メーカーは筒やオーガハウジングがどんどん錆びて雪が引っ掛かるんですよ。これが飛ばなくなる原因です。ジェットシューターはもしかなりの傷が付いたとしてもその部品のみ交換で済みますからね(殆ど交換は不要!)それにこれはヤマハの完全特許!残念ながら他社機にはジェット部品は取り付け出来ません。オーガハウジング部もジェットが組み込まれています。このタービン羽部の外にジェットが付いているのはやはり業界唯一の機構です。雪田丸蔵もつるりんツルリン子(^v^)

ギザギザ刃のスクレーパーで氷もざくざく削れる!このクラスは機体が軽いので氷はなかなか削れませんでした。しかしこの雪かきジョーズスクレーパーは雪かき上手(じょうず)だね(^。^)これもこのクラス唯一ヤマハにしか無い御装備だよん!

燃料抜きワンタッチドレンコック。これはシーズンオフにとても親切な装備!ガソリンが腐らないうちにキャブから抜く事が出来ます。ヤマハ全機種に装備されています。

見た目や言動で疑われる本当の実力者!名付けて『関信将軍』除雪機上下電動油圧調整、電動シューター、シャーボルトガード、雪かきジョーズ、プロ除雪機の欲しい装備は変わりません。コンピューター制御やハイブリッドなど流行だけが除雪機では御座いません!実際、除雪は最悪な極寒環境で使う商品です。出来れば壊れにくい構造で尚且つ装備も良くなければいけません。実はこの除雪機が一番装備的にも車体の頑丈さ、特にメンテナンス性が良い、ようするにちゃんと機械職人が直せる機械なんですね。司馬遼太郎の『項羽と劉方』の世界に『関信』という無骨ですが非常に頭の良い武将が出てきます。外見や言動ではこの将軍の良さは解かりません。むしろ疑われます。しかし結局は中身なのです。戦場で勝てるのは頭の良さと度胸が一緒で無ければいけません。劉方はこの一般的に上司に反抗するこの使いにくい将軍『関信』をうまく使いこなせたから最強の項羽に勝つ事が出来ました。実際は劉方が自分で切り開いた領地は殆ど無く、8割方はこの関信が取ってきた領地だったのです。『背水の陣』とは関信将軍の言葉です。その後の関信快進撃で有名な『四面楚歌』という言葉が生まれるのです。実際雪の日に電動トラブルで使えなかったらハイブリッドやコンピューター制御などなんの約にも立たなくなります☆』

ヤマハでは満を持して投入した新機種ですが、けして派手ではないです。でもって派手には売れてませんから当然生産も少ないです。が一番使えると私は見ています。その為、メーカー在庫も8月時点で全て終わってしまいました。後はラスト1台の貴機が『背水の陣』なのです。正に本当の雪に勝てるヤマハ『関信将軍』除雪機を使いこなせるリーダーは貴方だけですよね(^_^.)

ヤマハカタログコメント

用途に合わせた幅広いランナップのYTシリーズ

電動油圧チルト機能付

スペック

  • 重量(kg):245
  • 除雪幅(mm):815
  • 除雪高(mm):570
  • 最大除雪量(ton/h):815
  • 最大出力(PS):13
  • 燃料タンク容量(L):6.1
  • 走行変速方式:無段変速HST