HONDA 除雪機 HSM1380iJN 除雪幅80cm 11.8馬力

  • セール
  • ¥662,000
  • 通常価格 ¥726,000
  • 残り1個
税込み。 配送料は購入手続き時に計算されます。



除雪機ネットマスコットキャラ『雪田丸蔵』の毒舌解説(短所だって言っちゃうかも!)

ハイブリッド機能を最高に使い切っている機体です。昨年までのあの名機【HSM980I】と【HSM1180I】の後継機種です!
雪田丸蔵は言いました。『これは電気で動く除雪機なんですよ』、『えー電気で雪を飛ばすんですか?』ハイブリッドが出た頃のよくある質問でした。えー(-_-;)電気でクローラーが動くんです。これぞハイブリッド全開機!馬力は余裕の13馬力です。クローラーを含む車体幅より広い800mmの除雪幅ですから大きな駐車場やスキー場などでも大活躍ですね(#^.^#)
ガス欠時や屋内移動時にエンジンを掛けずモーターのみで走行可能な、バッテリー走行機能。低速走行時に片方のクローラを逆回転させることでその場での旋回を可能とし、狭い場所での取り回しが可能。この機種はホンダではつい最近までは最高位機でした。ハイブリッド、電動シューター、シャーボルトガード太い・・エンジン馬力が下位機種とHSS1180iと同じなの?という質問が良く来ますが、HSS-970や1180などとの一番の違いは重さですよ!・・雪に勝つには絶対的な機体の重さ、クローラーの幅、長さ、そしてオーガローターの大きさこの三つの本当はプロ除雪機を選ぶポイントなんですよ。市街地の一般家庭ユーザーならまだしも、雪国と名の付く場所でお暮らしのお客様には絶対無ければいけない大きさです。ハイブリッドの積載モーターもも24Vのダブルモーター駆動なんです。よく言われるバッテリートラブルはこの機種は12V*2個バッテリーです。まず上がってしまう事などありえません。ここが下位機種と違う所ですよ。

ハイブリッドの素晴らしい所はですね。やはり滑らかな旋回です。通常旋回する場合、片側のゴムクローラーを完全に止めてそのクローラーを引きずるように旋回します。その際どうしても直線的なガクガクした旋回になります。この機種は曲がりたい方向のレバーを握り、その握りの大きさで旋回したい方向のゴムクローラーを速度調節します。それによって曲線的な旋回(円を描くような)が可能になりました。その為非常にスムーズに目的方向へ除雪機本体を移動出来ます。なんと新型は握るだけでその場旋回します! これは本当に具合良いですよ。狭い場所で切り替えしが必要ないですから。

除雪性能ですが、見掛けより同様!流石13馬力クラスは大型のローターが付いていますので非常に投雪距離が伸びます!13馬力のエンジン出力の全てローターに使える訳ですよ。走行関係にはベルトレスなのも魅力です。(オーガはベルト。しかしベルトだからイザと言う時動力が逃げるのでシャーオーガボルトが切れにくい。)除雪部の形状の見直しにより、硬い雪の除雪作業に掛かる時間を従来機に比べ約30%短縮するなど、除雪性能も向上しています。デッドマンクラッチ仕様(握る事により走行する)ですが、通常のタイプはワイヤー式なのですが、このタイプは電動スイッチなので、握り過重が極端に軽いです。初心者、女性でももちろん使えます。大雪地区でも大型を買わずに十分活躍出来るサッカーで例えるなら、守備も攻撃もスゴイ除雪キャプテン!トウーリオ並みの怒涛の除雪をこなせる熱い機種ですね。

それにしても弱点が少ない機種です。前の機種は気になるレベルだったエンジンの音は小さくなりましたし(^_^.)
オーガローリング無しが逆に長所と言えるのです。なぜなら除雪幅800mmならばローリング補正は殆ど必要としないからです。ゆえに車体幅が除雪幅という感じですから安心して狭い所でも除雪できるメリットと値段が本格プロ車体機13馬力が¥60万円台!?というお値打ち感が御座います。本格車体に13馬力という事がオーバーロードだとう危惧は御座いますが、かなりの長時間連続使用をしなければ問題ないですよ。直ぐ下のHSS-970Nがコストから見た最高の小型モデルとするならば、この機種はその馬力と重さで安心大雪能率保険を買う!という所でしょうか。シャーオーガボルト保護機構は御座いませんが、砂利や石の路上をあまりしなければ元々太いので気にならないでしょう。しかし下位機種ハイブリッドに比べて長所が多く、弱点の少ない非常にお勧めしたい一品ですよ。とにかくホンダのハイブリッドでは全国第一位の人気の機種になる事は間違いないです!雪田丸蔵曰く、コスト面、性能面のバランスからいっても初心者、中級者にとって一番素晴らしい機種です。この機種は除雪機ネット中型機ナンバーワンセールスを記録する事になると思います。毎年必ずなくなりますので早めにご注文願います(#^.^#)。

その他特徴

これは具合良い!『快適ポジション機構』 除雪スタイルとハンドル高さが変らないから疲れない!
除雪作業は過酷な条件での作業となりますので、ハンドル位置がいつも変るのは大変!走行部と除雪部が分離したフレーム構造を採用。ハンドルの高さと目線を常に一定にし、楽な姿勢で作業出来ます。

『Iコントロール自動速度』&『自動オーガリフト機構』もいいぞ!また、アイコントロールボタンを押せば、雪の量と速度を除雪機がちゃんと考えて、適正な速度を選択してくれます(頭イイでしょう・・・)。 更に後進時は自動的に前のオーガ除雪部が勝手に上がってしまう、優れ者です。なんてすばらしい除雪機でしょう。

エンジンの掛りの良さは最高に良いです。一年入れっぱなしの燃料でも平気で掛ります。ホンダのエンジンはなぜと思いますが?実は燃料タンクのメッキ塗装に秘密が隠されているという噂です。だから燃料が劣化しにくいというのもエンジンの掛りの良さに起因している一つの遠因でしょう。私も確かに数多くの汎用エンジンを扱って来ましたが、ホンダエンジンで燃料タンクが錆び付いたというのは殆ど見た事がないからです。

ホンダカタログコメント

スノーラI
高く積もった雪も確実に、スピーディーに除雪。簡単&スムーズ操作で、疲れも少なく。余裕の馬力と除雪幅で、素早く除雪。

賠償責任保険付き(ホンダ除雪機全機種対応)対人1億円・対物1000万円

スペック

  • 重量(kg):240
  • 除雪幅(mm):800
  • 除雪高(mm):580
  • 最大除雪量(ton/h):83
  • 最大出力(PS):11.8
  • 燃料タンク容量(L):5.7
  • 走行変速方式:電動2モーター式無段変速